羽曳野市BROOM

第六回大阪古着祭

2016年11月17日木曜日

注目のおすすめインナーダウンまとめ(※2016年版)

※2014年執筆・2016年再編集

今年もインナーダウンに注目

この記事は2014年に執筆した記事を2016年に再編集しています。

近年、冬の着こなしに必須アイテムとなりつつあるインナーダウン。今年も注目が集まっているようです。
そこで、注目のインナーダウンをご紹介。

NANGAダウン



元はシュラフ(寝袋)メーカーとして名高いMADE IN JAPANブランド「NANGA」。
その技術力に惚れ込んだ人気ブランドやショップがこぞって別注をかける人気ブランドが手掛ける高性能インナーダウン。
こちらはそれぞれURBAN RESEARCHやKRIF MAYERが別注したモデルです。
使用しているダウンのグレードと量と価格のバランスが素晴らしいです。
保温性の高さとジャパニーズメイドブランドの信頼性の高さ、長く愛用するなら是非オススメしたいダウンです。

滋賀ダウン(ボーンフリー×NANGA)

こちらも同じく製造はNANGAですが、NANGAと同じ滋賀県でセレクトショップを展開するBORN FREE(ボーンフリー)との共同開発。
NANGAの社長自身がデザインにはノウハウがないので、そういった面で人気ショップやブランドのノウハウを借りるとコラボレーションの意図を説明するように、ポケットの配置など、NANGAダウンよりもデザイン性を高めた製品。
ウッドランドカモのモデルなんかセレクトショップらしいユーザーニーズに合ったデザインを施していて、インナーダウンもレイヤードのコーディネイトに使えるアイテムになっています。
こちらも同じくMADE IN JAPANの一品。

モンベル


アウトドアブランド「モンベル」の製品。
残念ながら製造は中国ですが、国内ブランドならではの企画性の高さと、モンベルが世界に誇る最高品質のダウン「EXグースダウン」を使用している点が売りです。
価格帯も低めに抑えられており、費用対効果での魅力もあります。

水沢ダウン


国内ダウンと言えば水沢ダウン。
水沢ダウンジャケットは、水沢工場の最先端技術を駆使して生産された
高い保温性と快適性をもつ新しいダウンウェアです。
この水沢ダウンジャケットは、国産の高い技術により、熱圧着を使用しダウンパックにステッチが無く、水を通さないので雨や雪の日にも着用できる
画期的なダウンジャケットです。
刺しステッチ部分には熱接着加工を施し、また縫製が必要な箇所には
シームテープ加工を施すことで、これまでにない「耐水性」を可能にしました。
職人の手から生まれるハイテクダウンジャケットです。
水に濡れても保温性が低下しないという画期的なダウン。
国内ブランド「デサント」企画のもので、更にMADE IN JAPANという点が素晴らしいですね。
デサントのオルテラインは価格帯は多少高めですが、機能性重視の方にはオススメしたいダウンです。

ウルトラライトダウン(ユニクロ)


ユニクロのヒット商品「ウルトラライトダウン」は今年からアイテム数大増で、Vネックジャケットもラインナップ。

ユニクロは今年もNO脱ダウン!ウルトラライトダウンは過去最多の20型。(2014年)

やはり最大の魅力はコストパフォーマンス。
6000円ちょっとでインナーダウンが買えてしまうのは大きな魅力ですね。ベストなら3,990円です。
Vネックタイプはデザインがイマイチな感じはしますが、それでもこの価格ならと思えます。
製造は中国やバングラデシュといった国でしょうけど、世界のユニクロのインナーダウンはコストパフォーマンスが魅力的です。

THE NORTH FACE


デザイン性の高さならTHE NORTH FACEが魅力的なアイテムを作っていますね。
素材は、軽さと耐久性が特徴のパーテックスカンタム。
中には濡れに強いプリマロフトと高品質ダウンをブレンドした中綿を封入。
と、ダウン100%ではなくポリエステル混の中綿なのがややマイナスですが、それでも保温性は間違いないでしょう。
価格もやや高い気がしますが、デザイン性で選ぶならTHE NORTH FACEのダウンも魅力的です。

ロッキーマウンテンフェザーベッド


アメカジ野郎として気になるのはロッキーマウンテン。
古着業界でダウンといえばロッキーマウンテンを想像される方も多いのではないかと思います。
ロッキーもインナーダウンを作っています。
しかし、現在のロッキーマウンテンは国内企画で復刻されており、このデザインのものをロッキーマウンテンと呼ぶのは個人的には抵抗がありますが、復刻後もアメカジ愛好家の方々には人気の高いブランドだけに注目です。
ダウンはポーランド産のヨーロピアンダウンを使用しており、ダウンの品質は高そうです。

URBAN RESEARCH WH


セレクトショップURBAN RESEARCHのアウトレットラインWARE HOUSEのインナーダウン。
なんといっても価格が素晴らしい。
中綿ジャケットではなく、ちゃんとダウン90%, フェザー10%のダウンジャケットで、4000円そこそこで手に入ってしまうのだからユニクロ以上のコストパフォーマンスです。
安くインナーダウンをお探しの方、またセカンドインナーダウンをお探しの方には超絶オススメアイテムです。

まとめ

今回はインナーダウンの中でもノーカラー(襟なし)のものに限定してご紹介致しました。
襟があると着こなしの幅が狭まりますので、インナーとして割り切ってインナーダウンを購入するのであればノーカラーがオススメです。

インナーダウンはどうしても単調になりがちなヘビーアウターシーズンにライトアウターやゴアテックスジャケットなどと組み合わせると一気に着こなしの幅を広げてくれます。
コーディネートの幅を広げるという意味では非常に魅力的なアイテムです。

ちなみに私はNANGAダウンを選びました。

MADE IN JAPAN!!MADE IN SHIGA!!「NANGA インナーダウンジャケット」を買いました。|F-STREET CHIEF'S BLOG

選んだ決め手は、長く愛用したいので機能面を重視したのと、MADE IN JAPANでしかも滋賀県製といった点。
個人的にはインナーダウンはインナーだけに流行に左右されづらく長く愛用出来る為、良い物を選ぶのがオススメです。

長く愛用出来るアイテムですので、是非、いろいろお考えになられて、ご自身に合ったものをお探し下さい。

ラベル

スニーカー (1200) NEWS (752) NIKE (464) 大阪 (442) SALE情報 (433) 古着屋 (376) EVENT (316) コラボアイテム (291) リーボック (234) adidas (199) コラボモデル (169) BEAMS (155) アーバンリサーチ (137) SHOP (121) ニューバランス (118) 注目アイテム (116) 考察 (108) 気になったファッションニュース (104) ファッション経済ニュース (83) 雑誌 (78) ユニクロ (76) サービス (75) ZOZOTOWN (73) ジーンズ (72) BOOK (70) セレクトショップ (66) ブランド (62) 注目のブランド (61) ユナイテッドアローズ (60) ファストファッション (59) 京都 (59) キャンペーン (57) 百貨店 (57) asics (50) 大阪古着祭 (49) 話題 (49) EC (48) コンバース (46) H&M (44) THE モンゴリアンチョップス (43) PUMA (41) サンダル (36) デニム (35) 流行 (34) シュプリーム (29) リユース (29) ショッピングモール (28) ピエリ守山 (26) ナイキ (25) 滋賀 (25) STUSSY (24) 楽天 (24) wonderland (23) 梅田 (23) 週間人気記事ランキング (23) 京都古着祭 (22) プレゼント (21) メイドインジャパン (20) HOW TO (19) ブーツ (19) アプリ (18) 兵庫 (18) 求人情報 (18) 運営ログ (18) アウトレット (17) まとめ (16) イオンモール (16) 求人 (16) Levi's (15) 神戸 (15) SHIPS (14) 無印良品 (14) NIGO (13) しまむら (13) パルグループ (13) 古着 (12) 古着祭スナップ (12) アメリカ村 (11) 堀江 (9) 決算情報 (9) 番組 (9) 東京 (8) 革靴 (8) F-STREET (6) ファッションショー (6) 奈良 (6) 岡山 (6) コラボコレクション (5) ファッションメディア (5) 名古屋 (5) インタビュー (4) レディース (4) 中崎町 (4) 就活情報 (4) お笑い (3) チャリティー (3) ファッションクイズ (3) ファッションルール (3) SPINNS (2) USメイド (2) アンケート (2) エシカルファッション (2) ラルフローレン (2) 南船場 (2) VANS (1) スナップ (1) 広告 (1) 映画 (1) 訂正記事 (1)