羽曳野市BROOM

第六回大阪古着祭

2017年8月14日月曜日

「ファッションはとても汚れた産業。」ヴェトモンが強烈な問題提起。

数日前より、ある写真が話題となっています。



"VetementsはSaks Fifth Avenueと提携して、世代の最も重要な問題の1つであるゴミを強調しました。今日のゴミは、ほとんどのブランドが生産しているもので、在庫は山小屋や倉庫に埋もれています。過剰生産は、業界が偽の数字と一定の成長の報告を追いかけながら隠れようとする大きな問題です.Saksは、メインウィンドウを提供することで会話を開始するのに十分なほど勇敢でした。時にはそれほど意味がありません。

これはアパレルブランド「VETEMENTS(ヴェトモン)」がニューヨーク5番街の百貨店「SAKS FIFTH AVENUE(サックス・フィフス・アベニュー)」に展示した洋服の山で、これらは販売されなかったサックス・フィフス・アベニューの在庫や従業員の古着なのだそう。いずれも廃棄される予定だったもので、つまりはゴミ。

この展示によってヴェトモンはラグジュアリーブランドによる過剰生産に対して問題提起を行っています。

こちらの画像はインスタグラムで6万2千件の「いいね」を集めています。

"Fashion is a very dirty industry. Deadstock in the US amounts to $50bn every year. After the oil industry, fashion is the second-biggest polluting industry in the world. Fashion chief executives scream about sustainability, and how they plan to cut carbon emissions by 40 per cent and reduce environmental impact by 50 per cent in every interview. But none of those brands seem to understand that a much easier solution is just in front of them. Preventing overproduction in the first place would have an immediate effect on reaching those sustainability goals. The industry talks about conspicuous consumption — buying for the sake of buying — as the reason behind the growth in the luxury segment. But brands are producing more product than there is demand for. I call it conspicuous production, producing for the sake of producing and artificially inflating the numbers." #VETEMENTSxSAKS @financialtimes
VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -

"ファッションは非常に汚れた産業であり、米国のデッドストックは毎年500億ドルに達する。石油産業の後、ファッションは世界で2番目に大きい汚染産業である。ファッションの最高経営責任者(CEO)は、排出量を40%削減し、インタビューごとに環境への影響を50%削減することはできますが、いずれのブランドも、はるかに簡単な解決法が正面にあることを理解しているようです。高級セグメントの成長を後押しする理由として、買い物のために買うという顕著な消費について業界では話していますが、ブランドは需要よりも多くの製品を生産しています。数字を人工的に膨らませて生産しています。

またこちらの画像では「ファッションはとても汚れた産業」だと痛烈に批判。
アメリカでの売れ残る洋服が毎年500億ドル(約5兆5000億円)に達すると主張しています。

VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -


こうした問題はアメリカやラグジュアリーブランドだけでなく、日本でも同様の問題が起きており、日本国内でもおよそ20~30億着にあたる100万トンの衣服が毎年廃棄されています。

またリユース・リサイクル率はそれぞれ10%程度に留まっており、70%以上が焼却されているんだとか。

こうした問題提起を外国の出来事と考えずに、我々の洋服のリユース・リサイクル率も考えていきたいですね。

古着屋やリユースショップを有効活用する。
良い物を永く着る。リペアをする。使えなくなってもボタンなどのパーツを再利用したり、布を最後まで(雑巾にしたりウエスにしたり)使い切る。

出来ることから少しづつこうした問題に取り組んでいきたいですね。

ラベル

スニーカー (1174) NEWS (740) NIKE (452) 大阪 (431) SALE情報 (430) 古着屋 (369) EVENT (310) コラボアイテム (287) リーボック (232) adidas (196) コラボモデル (162) BEAMS (152) アーバンリサーチ (132) SHOP (116) ニューバランス (115) 注目アイテム (114) 考察 (108) 気になったファッションニュース (104) ファッション経済ニュース (83) 雑誌 (78) サービス (75) ユニクロ (74) ZOZOTOWN (72) ジーンズ (69) BOOK (67) セレクトショップ (65) ブランド (61) 注目のブランド (61) ユナイテッドアローズ (60) ファストファッション (59) 京都 (57) キャンペーン (55) 百貨店 (53) asics (49) 話題 (49) EC (48) H&M (44) コンバース (43) THE モンゴリアンチョップス (42) PUMA (39) サンダル (36) 流行 (34) デニム (33) 大阪古着祭 (31) リユース (29) シュプリーム (28) ショッピングモール (28) ピエリ守山 (26) ナイキ (25) 滋賀 (25) STUSSY (24) 楽天 (24) wonderland (23) 週間人気記事ランキング (23) 京都古着祭 (22) 梅田 (22) プレゼント (20) メイドインジャパン (20) HOW TO (19) アプリ (18) ブーツ (18) 兵庫 (18) 求人情報 (18) 運営ログ (18) アウトレット (17) まとめ (16) イオンモール (16) 求人 (16) Levi's (15) 神戸 (15) 無印良品 (14) NIGO (13) SHIPS (13) しまむら (13) パルグループ (13) アメリカ村 (11) 古着 (11) 決算情報 (9) 番組 (9) 堀江 (8) 東京 (8) 革靴 (8) F-STREET (6) ファッションショー (6) 奈良 (6) 岡山 (6) ファッションメディア (5) 名古屋 (5) インタビュー (4) コラボコレクション (4) レディース (4) 中崎町 (4) 就活情報 (4) お笑い (3) チャリティー (3) ファッションクイズ (3) ファッションルール (3) SPINNS (2) USメイド (2) アンケート (2) エシカルファッション (2) ラルフローレン (2) 南船場 (2) VANS (1) スナップ (1) 広告 (1) 映画 (1) 訂正記事 (1)